写真付き!本物のRalph Lauren(ラルフローレン)シャツの特徴と見分け方を紹介!

ブランドの紹介

Ralph Lauren(ラルフローレン)のシャツといえば
シンプルなオックスフォードシャツからデザイン性の高いポロシャツまで、
お洒落に着こなせる幅がとても広いブランドですよね!

そんなラルフローレンのシャツはビンテージ服としての側面もあり、
80年代や90年代などの比較的古い時代に生産されていれば高値になることもあります。

一方で東南アジアを中心に偽物が作られていることもあり、
本物と勘違いして偽物を購入してしまうことや
よく見てみるとお気に入りの服が偽物だったりすることもしばしば・・・

今回はそんな大人気のラルフローレンのシャツの本物と偽物を見分けるコツを紹介します!

こんな悩みの人に書きました

  • これからラルフローレンのシャツの購入を検討している
  • 自分が持っているラルフローレンのシャツが本物か知りたい
  • 本物のラルフローレンのシャツの特徴を知りたい

まず最初に結論!

本物のラルフローレンのシャツを見分ける特徴は3つあります!

  1. 本物のラルフローレンは刺繍の大きさや繊細さが違う
  2. 本物のラルフローレンはタグのデザインと裁縫が違う
  3. 本物のラルフローレンは縫い目の補強などが長く使える工夫がある

これらの特徴を詳しく紹介していきます!

目次

  1. ラルフローレンの特徴
  2. 本物のラルフローレンとは?
    1. 刺繍の大きさで見分ける
    2. 刺繍の繊細さで見分ける
    3. 襟元のタグのデザインで見分ける
    4. 襟元のタグの裁縫で見分ける
    5. 縫い目が補強されているなど細かい作りで見分ける
  3. ラルフローレンを買う方法
  4. まとめ

ラルフローレンの特徴

ラルフローレンと聞いた時に定番のシャツを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?
ポロシャツやTシャツ、ボタンダウンシャツは子供からお年寄りまで親しまれており、
特にオーバーサイズのボタンダウンシャツはアメカジブームもあり
若者を中心に古着でも購入する人が増えてきています。

様々なシャツがある中でもラルフローレンを最も象徴しているのが「ポロ刺繍」と「タグ」です。

ポロ刺繍はラルフローレンの象徴

ラルフローレンを象徴する「ポロ刺繍」は実際に存在するスポーツであるポロからデザインされています。

ポロは2000年以上前から続く世界最古のスポーツとも言われ、
イギリスの上流階級のスポーツとして楽しまれていました。
創業者のラルフローレンは当時のアメリカに上流階級のスポーツであるポロを象徴したロゴを持ち込むことで、
ハイブランドなイメージを人々に持たせたかったと言われています。

ポロ刺繍には色と大きさがそれぞれ2種類ずつあり、

色は「カラーポニー」と「単色ポニー」

大きさ「スモール」と「ビッグ」に分かれます。

タグを見ればラルフローレンの歴史がわかる

刺繍がラルフローレンを象徴する一方で、
タグは作られた年代を特定する上でも重要な特徴です。

実はラルフローレンには複数のレーベルがあり、
一番馴染みのある「POLO RALPH LAUREN (ポロ ラルフ ローレン)」は
2015年にメンズ&キッズのラインだった「Polo by RalphLoen」と
レディースラインだった「RALPH LAUREN」が集約されたことで誕生した比較的最近のレーベルです。

そのほかにも数十以上のレーベルがありましたが、
一時期は経営状態が悪化していたことなどあり
歴史と共に終了したり統合されたりしています。

そのような歴史的背景がありながらも生き残ってきた
「POLO RALPH LAUREN (ポロ ラルフ ローレン)」のレーベルは最も身近なものの一つであり、
タグを見ることで製造された年代をある程度特定することができます。

本物のラルフローレンとは?

ラルフローレンはその知名度ゆえに偽物が製造されています。
アジアを中心に偽物は製造されていますが、
Made in ChineやMade in Koreaだからと言って
偽物と断定できないのが本物を見分ける難しさです。

本物のラルフローレンだからこそのこだわりや、
安値の商品では出来ない質の高い作りがされている点が
本物のラルフローレンを見分けるポイントになります。

では、実際にどのようなところをポイントに質の高さを見分ければ良いでしょうか?

刺繍の大きさで見分ける

1つ目は刺繍の大きさ。

本物のポニーの大きさは縦が2.7cm、横が1.2cmになっていますが、
偽物はこれより小さかったり大きかったりします。(とはいえ1mm程度の誤差は問題ないと考えて良いと思います。)

ポニー刺繍の大きさ

古着だと数mmの差はどうしても出てしまうので、大体の目安として考えておきましょう。
特に偽物は数mm大きい場合があります。

刺繍の繊細さで見分ける

2つ目の繊細さですが、
ポニーの刺繍は馬の足やスティックなど細かく作られている部分があります。
偽物はそれらの微妙な空間や傾きを再現し切れていない場合があるので注目してみましょう。

  1. ポニーに4本の脚はあるか?
    特に左から2本目と3本目の間に空間があるかは重要なポイントです。
  2. ポニーの手綱はあるか?
    ポニーの口元から胸元にかけて1本の手綱があるか確認しましょう。僅かな空間もあるはずです。
  3. ポニーに乗っている人の頭やスティックはハッキリと見えるか?
    偽物は頭やスティックが一部なかったり手抜き感があったりします。
  4. 刺繍は立体的に作られているか?
    偽物はどこか平べったいような刺繍になっています。ラルフローレンの象徴的なロゴなので本物は精巧かつ立体的に作られています。

これらの点を見ながら、1つ本物の刺繍を手元に置いておけばそれと見比べることで判断できると思います。

襟元のタグのデザインで見分ける

2つ目は襟元にあるタグのデザインで見分けることです。

タグのデザインは時期によって変わりますが、
今回紹介する「POLO RALPH LAUREN (ポロ ラルフ ローレン)」はタグにも統一感があります。

  1. タグは紺色の布地に白色の刺繍がしてあるか?
    「POLO RALPH LAUREN (ポロ ラルフ ローレン)」は通称ブルーレーベルと呼ばれており、
    タグの布地が紺や青色で作られています。
  2. タグの刺繍はプリントになっていないか?
    比較的見分けやすい特徴です。刺繍ではなくプリントで「POLO RALPH LAUREN 」と書いてあればそれは偽物と思って良いと思います。

偽物はプリントしてあったりタグの色が違うなど、明らかに安いコストで作られている傾向にあります。

襟元のタグの縫製で見分ける

さらにタグ周辺の裁縫が十分に縫われており頑丈に出来ているかで見分けることもできます。

  1. タグが外れないように念入りに縫製がされているか?
    タグはしっかり縫い付けられているか確かめましょう。既にほつれているものがあれば本物であっても途中で傷んでしまう可能性があるのでお勧めしません。

縫い目が補強されているなど節々に生産コストがかけられている

刺繍とタグの違いだけでは不安な人は、
袖口やボタン部分の刺繍や当て布など手間やコストがかかっていると思われるポイントを見てみましょう。
当然偽物は安いコストで作っているので、質の高さを見抜ければそれは本物であると考えて良い思います。

ラルフローレンを買う方法

最後にラルフローレンを買う方法をいくつか紹介します。
身近なサービスからちょっと手間をかけるものまであるので、
紹介した本物を見分けるポイントに注意しながらお気に入りのラルフローレンを手に入れましょう。

国内のラルフローレン直営店や公式ネットショッピングサイト

国内のラルフローレン直営店は執筆時点で134店舗あります。
直営店に行くことで本物のラルフローレンを安心して購入することができますし、
店舗スタッフにこだわりや本物の特徴を聞くことで
今後古着で買う時に必要な知識をつけることができます。
店舗を探す → https://www.ralphlauren.co.jp/contents/store-locator/

公式のネットショッピングもラルフローレンは用意しており、
新作情報や本物のデザインを確認することができるので
眺めてみることで見た目の違いを覚えることもできます。
ラルフローレンオンラインショッピング → https://www.ralphlauren.co.jp/

古着屋

古着屋であれば、ほぼ100%の確率でラルフローレンが扱われています。

ラルフローレンは古着でもある程度状態がよく、知名度も高くてコーディネートもしやすいため
古着屋の看板商品として仕入れられていることが多いです。

古着であっても価値が落ちづらいので、
手元のラルフローレンの価値を確かめてみたり、
店舗のスタッフと話すことで商品知識をつけつつ購入することができます。

特にビンテージに関心がある人は直営店では売られていない
80年代90年代に製造された商品に出会うこともできます。

オークションやフリマサイト

メルカリ、ヤフオク!、ラクマ、paypayフリマなどで購入することもできます。

購入の際は価格交渉をすることもできますし、
あまりラルフローレンに価値を感じていない人から格安で購入することもできます。

先ほど紹介したポイントを見抜くために、
なるべく写真にロゴや首元のタグを映してもらうようにしましょう。

海外オークションサイトやネットショッピングサイト

eBayという海外オークションサイトを使うことで日本では売られていない
珍しいラルフローレンを購入することもできます。

日本のメルカリやヤフオク!と同じよう価格交渉をすることができ、
手軽にお値打ち商品を購入することができますが、
日本配送に対応していない出品者から購入する場合や
関税を安くするためにまとめて発送するために輸入代行会社を利用することも必要かもしれません。

また、ラルフローレン公式の海外サイトであれば
日本未発売の正規品を新品で購入することもできます。

発送先として日本を指定することが可能な場合もありますし、
個人輸入する分、日本の直営店よりも30%ほど安く購入することもできます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ラルフローレンはその人気ゆえに偽物であったとしても
タグや刺繍が一眼では見分けがつかないようにできています。

今回紹介した内容を元に
ぜひお気に入りの本物のラルフローレンを手に入れましょう!